日常に英語があるのが大事

私は海外で子どもを産み、数年育ててきました。
子どもたちは家では日本語、キンダーガーテンでは英語でした。
最初は理解できない言葉が飛び交う環境に葛藤がありましたが、子どもは柔軟性があるので、歌や遊びのなかから少しずつ言葉をひろっていくのであっというまに語彙が増えたように思います。
そして、2歳くらいはそもそも日本語もあまりよくわかってないので、英語のほうが簡単な単語や言いやすいものは今でも日本語の中で英単語が出てくることがしょっちゅうあります。
小さいころから英語に触れているからか、英語に対する興味関心は高く、受け入れ態勢が整っているように思えます。
なにより、勉強ではなく、英語が日常にあることが大事だと思います。
メリットは、小さければ小さいほど英語を受け入れやすい状態であることです。
小さいころから勉強ではなく日常に英語を取り入れることで、日本語と同じように日常英会話を自然と身に着けることができ、
自分が伝えたいことが伝えられるうれしさや、受け止めてもらえる満足感から、英語への関心につながっていくと思います。
日本語が身に付きすぎていると、どうしても使い慣れた日本語を使いたがるし、
うまく伝えられないときにもどかしさを感じやすくなり、苦手意識が生まれてしまいます。
逆にデメリットはないのではないでしょうか。
日本語がおろそかになると言われていますが、実体験上、日本に居ても海外に住んでいた時も日本語がわからなくて困っている状態になったことはありません。
セブンプラスバイリンガル 何歳から