慰謝料の支払いを要求する時期については不倫が露見したとき

結局は「調査員の力量プラス使う機材」の二つの要素で浮気調査の結果が出ます。調査を行う人間の持つ技量っていうのは調べて比較はできるわけないのですが、どういった機器を持っているかという点は、調べられます。
慰謝料の支払いを要求する時期については不倫が露見したときだとか離婚準備を開始したとき以外にもあります。例を挙げると、協議の終わった慰謝料を離婚してから支払いを渋るなんて事態も起きているのです。
人によって違うものなので、全部同じには扱えないのですが、浮気や不倫がきっかけで離婚が決まったという事情なら、慰謝料として請求する金額は、100万円以上300万円以下程度というのが平均的な相場だと思われます。
収入とか財産、浮気の期間の長さといった差によって、慰謝料の金額も高くなったり低くなったり差が開くと考えている方がいますが、そんなことはありません。特別な場合以外は、慰謝料の額は300万円くらいです。