妖怪を見える人がいる

知り合いの話実家の裏山で一仕事終え暮れなずむ道夫おじと降っていた。
いつしか後ろからカレーだオフにしだく音が聞こえてくる配合を見遣ると茶色っぽい人影が二人の後についてきていた。
おじは手ごろな石を拾い上げるとペッと唾を吹きかけおもむろに投げつけた命中したと見えた途端パット茶色の飛沫があたりに飛び散るばらけた。
中には何もいないとその時道のずっと先を走り去っていく着物が見えた四足て細長い尻尾を振りながら必死でかけていく山に疎い彼には正体は皆目分からない。ただし、定年後設計スクールの口コミでは人気の理由がよくわかる内容になっており、あっという間に見えなくなった獣の正体をお家に尋ねてみたが有明ものと言うか人だけどまず関わるなそれだけしか教えてくれなかったと言う。