ヨウサンってどうして必要なん?妊娠と葉酸の関係はあるの

一般的に、妊娠中は当然のこととして、妊活期間から十分な摂取が求められるFolic acidなのですが、普段の生活を送っていると、継続的な摂取を怠ってしまうといったケースもあります。
そんな不安を解消してくれるのがサプリです。
普段の食生活を気にかけることなく、簡単にプテロイルグルタミン酸を摂れますので、食事でのヨウサン摂取に不安がある方も安心できますよね。一般的に、「冷え」は不妊症の一因と考えられています。体温の低い状態が続くと血液の流れが阻害され、栄養不良に代謝不良が重なって、正常なホルモン分泌ができず卵巣・子宮の機能が低下することにつながります。
こういった症状の改善には昔からお灸が使われてきました。お灸は緊張をほぐして血行を良くして自然な代謝を促進し、ツボ刺激による癒し効果もあります。冷えを克服して温かな赤ちゃんのお部屋(子宮)を作りましょう。以前妊娠した時は、流産と言う形で赤ちゃんを失ってしまいました。
1年くらい経ってやっぱり子供が欲しいと思い、そこから妊活を始めました。妊娠しやすい体になることを目的に、冷え性を治そうとまず運動で、体を変えてみようと思いました。
大変な時もありましたが、新陳代謝が上がったために、基礎体温があがって、冷え性も良くなったので、本当によかったです。
今現在、妊娠を考えている、あるいは計画しているといった方や、妊娠初期の女性はご家庭での普段通りの食事に加え、よりたくさんのヨウサンを摂るよう厚生労働省が勧めており、各産婦人科やクリニックでも、そうした指導がされるようになっています。
なぜかと言うと、必要な量のヨウサンを摂取することで、赤ちゃんが神経管閉鎖障害などの先天的な障害を負うリスクを低減してくれるという話があるのです。
最近はヨウサンのサプリメントも多くの種類が出ていますね。そうしたサプリを利用する方は、赤ちゃんに悪影響が無いように、無添加で天然素材のビタミンB9サプリメントを選択する事を忘れないようにしてください。妊娠に大切なビタミンB9は厚生労働省によって妊娠を希望する女性や妊娠初期の女性に、積極的な摂取を推奨しているほどなのです。それでは、摂れば摂るほど効果が高まるのでしょうか?ヨウサンは水溶性のため、余分なヨウサンは尿や汗と一緒に体外に出ていくので、体内に蓄積するということはありません。とはいえ、過剰摂取によって発熱、かゆみ、呼吸障害を引き起こすとの報告もあるようです。ビタミンB9サプリ等でプテロイルグルタミン酸の補給をする場合、提示されている規定量を超えないように気を付けてください。
妊活中や妊娠中の多くの方が、ヨウサンの名前を耳にしたことがあると思います。
それもそのはずで、妊娠とヨウサンは切り離して考えることは出来ません。なぜなら、妊娠初期にヨウサンが不足すると、胎児の先天的異常の可能性が高まると言われているためなんですよね。
もちろん、妊活中であったとしても例外ではありません。妊娠発覚後からヨウサンを摂り始めるよりも、適した母体で赤ちゃんを授かることが出来るように、妊活中からヨウサンを摂るようにするのが良いでしょう。