インプラントの手法が適用されるケース

インプラントの手法が適用されるケースとして、他の歯を削ったり、かぶせたりしたくないという場合があります。
例えば、ブリッジ治療をするためには両隣の歯を削って支えを作らなければなりませんが、これが、インプラントの埋入なら該当する歯の分だけ治療することになります。
両隣の歯を削って支えにするのはもったいないと要望があるケースでは歯科医から歯のインプラント治療をすすめられるはずです。
数々のインプラントの手法の問題点について、聞いたことがあると思います。
その一つとして、インプラントを埋めると、頭部のMRI検査をしたとき金属部分が反応してしまうという問題はありませんでしたか。
それは気にしないでください。
MRI検査とは、身体に磁気を当てて画像を作ることです。
金属に反応したところの画像は乱れてしまいます。
ところが、インプラントの場合はチタン、あるいはチタン合金でできているのでチタンの特性として、磁気には反応しないため検査で問題になることはまずありません。
よく耳にするようになったインプラントは、どんな治療かというと、「インプラント(埋め込む)」という意味の示す通り、穴を開けた顎骨に人工の歯根を埋め込み、人工の歯を装着するというものです。
旧来の入れ歯と比べた場合、綺麗な見た目に仕上がりますし、食べ物も噛みやすいのです。
この最新の治療法には、歯科医をはじめ、歯科技工士などのスタッフの卓越した技術を欠かすことは出来ません。
患者さん一人一人の口腔内の状況に合わせた高度な施術ですが、保険はきかず自由診療なので、治療費は高額になっています。
歯科治療の現場は日々進化を続けています。
最近は、歯のインプラントの手法の失敗や不具合はほぼ無くなってきましたが、とはいえ、残念ながらゼロにはなりません。
上部構造(義歯)が人工歯根にしっかり接続されておらず、噛んでいるとグラグラしてしまうといった不具合が起こる可能性もあるのです。
これは担当歯科医の技量の低さのせいといえるでしょう。
技術が高く、インプラント手術に慣れている歯医者さんを選択することが、インプラント成功のカギといえます。
一口にインプラント治療といっても、3つの段階に分けられます。
一番に歯茎の切開、あごの骨へ人工歯根を埋入、あごの骨の中に人工歯根がしっかり定着するのを待ち、第三段階として歯根の上にアタッチメントをつけて、さらに義歯をかぶせるというのがだいたいの流れです。
人工物を骨に埋め込むのですから、組織が歯根の周りにできて骨に定着するまでには時間がかかり、約2ヶ月から6ヶ月見ておかなければなりません。
このため、インプラント治療を始めてから義歯を使えるようになるまで、最短で3ヶ月、最長で10ヶ月ほど必要になってくるわけです。
手術では他の歯に触れていなくても、インプラントをした後、自分の歯がうずく反応もよくあります。
麻酔をかけて人工歯根を埋め込み、その周辺組織が腫れて熱を持ったため周辺の歯の神経も刺激されたことが原因でインプラントが落ち着けば、その反応も静まることがほとんどなので、気にしないでください。
しかし、他の原因から生じることもあるので、違和感がおさまらないときは歯科医の判断を仰ぐことで早めの対応をしていきましょう。
インプラントについて、簡単に説明すれば歯を抜いた、あるいは抜けた後で、代用となる人工歯づくりを指します。
ブリッジや入れ歯との根本的な違いとして、歯のインプラントは歯の根元が骨に埋まっているので強度や使用感が天然歯に近く、メンテナンスが十分であればかなり長く使えます。
インプラント治療には健康保険が全く適用されないので、治療にお金がかかることは承知しておいてください。
入れ歯で噛むと食べた気がしない、または入れ歯そのものに抵抗感があるという方に選択肢として歯のインプラント治療があります。
外科的手術によって人工歯根をあごの骨に埋め込み、さらに上部体という人工歯の部分をかぶせる治療で、入れ歯に比べれば費用はかかりますが見た目は入れ歯よりも自然な感じで噛み心地が自分の歯に近く、食べ物も美味しく噛めます。
どうしても外見や噛み心地を譲れない方にふさわしい治療です。
長い治療期間を経てやっと歯のインプラントが安定しても、ケアはそこで終わりではありません。
せっかく埋め込んだインプラントを長く維持できるかは、どうしても自分次第のところがあります。
口腔内ケアの仕方を病院で教えてもらえる筈ですので、必ず守るようにしてください。
自宅での手入れが歯の維持には何より大切です。
また、神経を抜いた歯をインプラントにしているという都合上、何か異常が起きていても、なかなか自分では気付けないことがあります。
自分で気付きづらい分、定期的に歯医者さんで検診を受けるようにしましょう。
人工物である歯のインプラントが虫歯になることはありませんがメンテナンスは自分の歯より楽ということにはなりません。
歯のインプラントを維持するためには、小さな異変でも放っておけませんし、食べかすを残しておくと歯茎の炎症を起こし歯周病を引き起こすこともあるのです。
残っている自分の歯と同じく、歯間ブラシやフロスが使えれば活用して、毎日のセルフケアを怠らないことが大切です。
異常の有無に関わらず、歯科医院で定期的なメンテナンスを受けることが必要です。
どうしても避けられない問題ですが、インプラント治療は高額になることを知っておいてください。
保険適用の可能性もゼロではありませんが、おそらく、相当厳しい条件をクリアしたのでしょう。
治療のごく一部しか保険適用にならないのが負担が大きくなる原因です。
現状では最低線が十数万円、困難な治療が含まれると治療全体で、その数倍の費用が必要になることを承知しておく必要があります。
これからインプラント治療を受ける方にとって重要なのは、自分に合った歯科医と歯科医院を探すことです。
一般的な歯科治療の腕だけでなく、特殊な技術を求められるので様々な症例を診てきた経験豊かな歯科医に診てもらいましょう。
また、それに加えて、費用面での疑問に応えてくれる、感染症予防策をはっきり示している、歯やあごの現状、治療についていつでもきちんと説明してくれるなどが歯科医を決めるためには重要なことです。
自費診療なので、歯のインプラントの手法にはどのくらいかかるのかわからないという声を聞きますが、インプラント一本当たり30から40万円が相場と言えます。
もちろん、地域差、歯科医院の規模による差、歯科医の評判による差があって治療費は相当変わってくるので、治療の前に費用の総額を調べ、できれば複数の歯科医院を比較して治療に取りかかることをすすめます。
チェック事項はいくつもありますが、まず実際にインプラントの手法を受けてどうだったか、その評判です。
近頃は、一括払いだけという歯科医院は少なく、多くが分割払いや、クレジットカード払いを導入しており、少しでも治療を受けやすくしています。
検査から治療後のメンテナンスまで、インプラントの手法はほぼ全面的に保険適用外です。
保険が適用されればありがたいのですが、この人工歯治療はブリッジや入れ歯と比べればわかるとおり、歯科医や歯科技工士の手間がぐっと増えるためです。
手術の前後には様々な処置が必要で、かみ合わせの調整などに時間がかかりトータルの治療費用は高額になってきます。
もしこの治療が保険適用だったら、医療費のさらなる増大を招くので、適用拡大の見込みはありません。
失った歯を再生する治療は何種類もありますが、インプラント治療の問題点はもしも、失敗したとき、全く同じ治療をやり直すことはまず不可能という点です。
入れ歯、ブリッジ、クラウンなどの義歯と異なり人工歯根とあごの骨を結合させてしまうので万が一、人工歯根があごの骨に定着せずインプラントが定着しなければ再手術を迫られ、いったん削ったところをさらに深く掘ることになるのです。
埋入するのもリスクがあって、周辺の神経を傷つけるリスクが常にあります。
骨に人工歯根を埋め込んで義歯を被せる歯のインプラントの耐久年数は普通にしていれば一生物などと言われますが、現実には、治療終了後の定期的なメインテナンスや、手術を担当する歯科医師の技術にも左右されると言われています。
毎日欠かさず歯磨きをするなどのケアを怠ると、せっかくのインプラントもすぐに劣化してしまいます。
口内ケアをおろそかにすると歯槽膿漏などのリスクもあり、こうなるとあごの骨が浸食されてしまう場合もあり、埋め込んでいるインプラントがグラつくなど、耐用年数にも影響が出ます。
皆さんがインプラント治療に取りかかる前、どのくらい費用がかかるか心配だと思います。
実は、かかる費用は歯科医院ごとに幅があるのが普通です。
なぜなら、歯のインプラントは保険適用外がほとんどで、歯科医院の裁量で、治療費を決められるのです。
それでも、どの歯科医院でも同じような材料や薬剤を使っているので、相場がだいたい決まってきます。
歯一本分のインプラントで、40万円前後が一般的な相場とみて良いでしょう。
費用がかかるだけに、歯のインプラントの耐久性が気になります。
実際のところ長期間の使用例が少ないため定説になっていませんが、治療後のメンテナンス次第で自分の歯と同じくらい保つというのが一般的な説です。
そうだとすれば、セルフケアと歯科医のケアによってかなり長い間保たせることができますが、他の自分の歯と同じように、ケアが行き届かなければ歯周病など、異常が起こることがあると思ってください。
インプラント埋入手術では、人工歯根を骨に埋め込み、定着させるので埋入手術後はどの患者さんも違和感を生じるのが当たり前の反応です。
腫れがおさまれば、なじんだ証拠なので、腫れたところや、縫った糸が気になっても、触らないように歯みがきも気をつけてください。
もし、十日以上経っても全くなじんでこない場合や、痛み、腫れ、出血、発熱など他の症状も続く場合、原因がどこにあるのか探り、適切な対応をすることが必要です。
大至急歯科医にかかってください。
歯のインプラントについて、ほとんどの歯科医には治療困難であり、専門の歯科医に頼るしかなければ、国外までも探しにいくというのもありえます。
インプラントに関しては、北欧諸国が技術的に優れており、全世界から研修に訪れる歯科医がいるのです。
一生使える第二の歯を求めて、決してあきらめてはいけません。
できるだけ幅広く情報収集することに努めましょう。
希望すれば誰でも、インプラント治療を受けられるとは言えず検査の段階で断られることもあります。
ただ、「骨の厚みが足りない」や「歯のインプラントを埋入し、義歯を支えるだけの骨の幅がない」であったとするならまだあきらめなくて良いかもしれません。
最新設備を駆使して、腕のある歯科医が治療すれば以前なら、インプラント治療は不可能とされていた症例でも治療できるところが増えてきました。
現在可能な最先端の治療が受けられるかどうか、十分調べてください。
インプラントは、人工歯根、アバットメント、上部構造などいくつかのパーツを組み合わせて行います。
各パーツがどのように繋がっているかによって、数種類の分類があり、患者さんの健康状態などに応じて使い分けられます。
歯のインプラント(人工歯根)とアバットメントが一体である「1ピース・歯のインプラント」、あるいは1ピースタイプと呼ばれるものと、アバットメントが人工歯根から分離している2ピース・インプラントがあります。
この2ピースタイプはさらに、そのコネクション部分の形状により、これが凹面であるインターナルタイプと、凸面であるエクスターナルタイプがあり、接続が簡単なインターナルタイプの方がシェアが多くなっています。
入れ歯や差し歯に代わる技術として注目されているインプラント。
その義歯には、色々な形式があり、その多くが表面の素材にセラミックを使用しています。
セラミックの利点は、プラスチックの差し歯よりも硬く、歯磨きで劣化しないことですが、見た目を損なわず、機能面でも優れた人工歯の成形には、歯科技工士という専門スタッフの経験と技量が影響してきます。
熟練の技術に加え、審美性を求める芸術センスが必須になってきます。
当然、一つ一つの人工の歯の作成には時間もかかるので、技術的なコストもかかり、インプラントの治療費は高くなるのです。
人工歯根を骨に埋め込むといっても、インプラントはインプラントが金属アレルギーで入れられないことはまずありません。
人工歯根の材料として、チタンやセラミック、金といったアレルギーをきわめて起こしにくい素材でできているからです。
インプラントの手法はほぼ全て保険外治療であり、全額自費と考えてください。
余計な負担や不安を減らすために、金属アレルギーがある患者さんはアレルギーの可能性について、治療を始める前に歯科医に話しておくと不安や誤解がないでしょう。
歯科治療の一環として、歯のインプラントの手法も失敗のリスクをゼロにすることはできません。
では、失敗はどのような問題を引き起こすかというと、人工歯根や上部体(義歯)の脱落、あるいは破損などインプラント本体に生じた問題、インプラントを埋め込んだ後、あごの骨や周囲の組織が腫れる、痛みが引かないなど身体的問題、手術して腫れが治まった後、あごの線や歯並びが変わってしまったなどの見た目を損なってしまう問題もあります。
こうした失敗のリスクを最小限にとどめるためには歯科医はよく考えて決めてください。
歯のインプラント治療にある程度の実績がある歯科医院で、外来診療を受けてのありふれたケースの歯のインプラント治療も院内感染が起きないと言えません。
その点を踏まえ、歯科医院選びのときに、感染症対策はどうなっているか調べた上で決めることが命に関わる大事な問題です。
近年、院内感染への関心が高まっていることもあり、予防策をホームページ上で具体的に示している歯科医院もどんどん増えているので、真っ先に見ておきたいところです。
インプラント手術の未経験者にとってかなりの痛さを想像してしまうでしょう。
インプラント埋入手術を受けても、耐えられないほどの痛みを感じることはまずありません。
手術部位には麻酔をしっかり効かせて埋入手術を始めるためです。
手術が終わって麻酔が切れると、場合によっては痛みが出てくるケースもありますが、痛みに備えて、頓服薬を処方されるので激しい痛みが長く続くことはあまりありません。
少数の歯の欠損に対する治療としては、歯のインプラントとブリッジが代表的です。
インプラント治療では、歯茎を切り開き、あごの骨に穴を開け、人工歯根(歯のインプラント体)を埋入し、それが落ち着いたところで上に人工の歯をつけます。
ブリッジ治療とは、欠損した歯の両隣に残った歯を支柱のように削り、上からブリッジをかぶせるのです。
審美性を考えた場合、多くのケースではインプラントが良いと言えます。
ブリッジ治療では、両隣の歯は橋の支柱のように削ることになるという辛さもあるのです。
歯のインプラントの手法が、喫煙によって阻害される危険性はかなり大きいというべきでしょう。
インプラント治療には数ヶ月、あるいはそれ以上かかる覚悟をしなければなりませんが、インプラントの周りがしっかり固まり、あごの骨と結びつくことが次のステップに進むための条件です。
組織の形成には、タバコのニコチン、一酸化炭素などがかなりマイナスに作用します。
インプラント治療の成功を願うなら、少なく見積もっても、手術から治療完了までは禁煙を決意してください。
義歯が自分の歯と同じように使えるようになれば歯のインプラントの手法は終わりですが、歯科医によるメンテナンスは必ず必要になるので異常がなくても維持費は必要になります。
普通は、三ヶ月に一回のペースで歯科医のチェックや衛生士によるブラッシング指導を受けます。
この定期検診に必要なお金は保険がきく治療がほとんどなので、たいていは三千円程度に収まります。
全く問題がなくても、年に1、2万円くらいの維持費を用意しておきましょう。
私は大阪梅田でインプラント治療を行いました。
そのとき参考にしたのがhttps://implant-umeda.comです。梅田で安いインプラント情報がわかるので覗いてみては。